優良サイトと危険な悪徳サイト

EDに悩んでいる人は日本国内で約一千万人以上、年代が上がるごとに発症している割合が多いとされています。
最近ではインターネット広告等で治療薬の宣伝をしていたりと一般的な症状となってきました。人にはなかなか相談しにくい症状ですが、悩んでる人は多く、高年齢だけでなく若い世代にも多くいらっしゃいます。
病院に行って相談をするのが恥ずかしい、人に気づかれたくないといった人は多く、人目につかずに、安い値段で購入できるネットの個人輸入代行サイトは、そういった方にとってとても便利なものですが、思わぬトラブルや危険性もあります。
ここでは、ED治療に用いられるバイアグラを例に、通販で医薬品を購入する危険性や問題についてお話したいと思います。
バイアグラは、元は狭心症の治療薬として研究・開発が始まったクエン酸シルデナフィルという成分に、陰茎の力強い勃起をサポートする作用が認められたためにED治療薬として発売されたという経緯があり、世界最初のED治療薬として高い知名度と処方実績の多さをもっています。日本国内で手に入れたい場合は、必ず医療機関を通して購入しなければなりませんが、個人輸入代行の場合は輸入量の制限はあるものの、医師を通さずに購入することができるようです。
インターネットで手に入るED治療薬は、正規品は半分以下とされており、残りは粗悪品や似せた偽造薬であるとされており、非常に危険であるといえます。
偽物は効果がないだけでなく、体に良くない影響が出ることもあり、最悪の場合は死に至ることもあるようです。
入金しても商品が届かない、注文した商品と違うものが届く、ひどいケースでは、取引の際に使ったカードが、後日全く知らないところでが使用されていたという話もあります。
また、日本には医薬品副作用被害救済制度という、病院で処方してもらうなど正規に購入した医薬品で何らかの副作用や障害が起こった時に必要な費用を給付してもらえる制度がありますが、個人輸入の場合、何かトラブルがあっても対象にはなりません。そういった面でも、医薬品を通販で購入するのは避け、病院で処方してもらうのが一番安全です。
人目を気にせず、安価で購入できることはメリットはありますが、安心・安全に使用するなら、必ず医師を通して、正規品を購入するようにしましょう。
ジェネリック医薬品も販売されているので、そちらの方もご検討ください。